Cleaning Online
トップページコラム>エンジニアのための技術ノート
東日本大震災情報
ニュース
データ集
リンク集
スケジュール
製品情報
コラム
オンラインPOP
eガイド
展示会特集
情報プラス
ショッピング
ブログ
col toppage
注目コンテンツ
クリーニングオンラインでPR

広告配信について

技術ノート
気になる"ウエットクリーニング"と機械

また残念ながらウエットクリーニングのブームが去りました。ドライクリーニングの溶剤問題が混沌とする中、水という溶剤を有効に利用しようというものでした。
各洗剤メーカから、これに対応する洗剤、助剤が揃いはしました。 今までもかなり、広範囲に行われてきましたが、今ブームは去り、 金の取れる業者は汗抜きクーニングとして残るでしょう。
洗濯機械の違いを復習しましょう。そのポイントはどこでしたか!

■洗剤が求める洗濯機の仕様

機械は"スプレー式・回転方式・押し洗い式"があります。いずれも、使用する洗剤の特徴から使い分けがなされます。
洗剤は必ずウエット仕様(基本は中性)のものを使います。アルカリ洗剤はリスクが多く使用出来ません。

ポイント1

機械の外観は一般仕様と同じようでも"制御に工夫"がなされています。被洗物に対し、必要以上に機械力を与えないよう、回転数、回転周期、回転立ち上がり、洗剤投入タイミング...ウエット仕様の機械は、一般の洗浄も出来るのが一般的ですから、購入の際確認しましょう(出来ないものもあります)。

ポイント2

水に入れ方や他"メカに工夫"してあるものが出てきています。
汗抜きかウエット洗浄か?はっきり認識しないと、洗浄における機械力が小さすぎて汚れが落ち難くなります。洗浄は理屈抜きの部分も否定出来ません。評判を聴いて考えたいものです。

ポイント3

"洗剤投入装置は"どのような方式でも必要です。
しかし、最近は洗濯脱水機に標準で装備されているものでOKな洗剤も出てきています。


前頁
次頁
エンジニアのための技術ノート

【著者】

PAL Engineer's

工業用洗濯機のデータバンクやエンジニアのためのフォーラムを公開、提供しています。

更新履歴 | プライバシーポリシー | フィードバック | サイトマップ

Copyright 1996-2014 Cleaning Online / c-online.net. All rights reserved.