Cleaning Online
トップページコラム>外交車・ルート車のための安全運転教室
東日本大震災情報
ニュース
データ集
リンク集
スケジュール
製品情報
コラム
オンラインPOP
eガイド
展示会特集
情報プラス
ショッピング
ブログ
col toppage
注目コンテンツ
クリーニングオンラインでPR

広告配信について

安全運転教室
第2回 死角その1

 死角・・・みなさん、今までこの言葉は何度か聞かれていると思います。死角と言えば、バックミラーやルームミラーの死角のことがよく取り上げられています。実際、教習所などでは、直接、目で見て確認すること、いわゆる「目視」をしなさいと言われています。
 では、このような死角をなくす事を目視だけで防げるのでしょうか?

 今回の映像は、実際、二輪車が死角に入り、接触してしまう例ですが、もちろん、目視をして確認さえ確実に行っておけば防ぐことは可能です。しかしながら、目視などによる確認だけでなく、死角に相手車を入らせない運転(防衛運転)も必要だということです。
 どういうことか?
 死角に入ってくる前に方向指示器を早い目に出し、こちらの動きを知らせることが重要なのです。こちらの動きを早く相手に知らせることにより、死角に相手を入らせないということです。

 前回、ほとんどの事故が見落としによるものだとお話しましたが、このように、自分から見落とし(死角)を作ってしまう例もあるということです。

movie

ドライブレコーダー映像

[二輪車との接触事故]

mpg形式:約1.5MB(約12秒)

※画像をクリックすると別ウィンドウで再生がはじまります。再生するためには、プラグインやアプリケーションが必要となる場合もあります。

※ドライブレコーダーの映像、画像は株式会社カズー・ファクトリーの提供によるものです。著作権は同社に帰属します。


前頁
次頁
外交車・ルート車のための安全運転教室

【著者】

上西 一美

交通安全コンサルタント(神戸市出身、1969年生まれ)。
タクシー・バス会社の運行管理者を経験。主に運行管理、労務管理、社内教育を担当。ドライブレコーダーが登場し、関西でいち早く導入。導入3カ月後には、事故削減の成果を出し、現在、事故撲滅コンサルタントとして活動。ドライブレコーダー導入だけでなく、現場で培った事故撲滅の対策を提案し続けている。

更新履歴 | プライバシーポリシー | フィードバック | サイトマップ

Copyright 1996-2014 Cleaning Online / c-online.net. All rights reserved.