Cleaning Online
トップページコラム>最強のユニット論
東日本大震災情報
ニュース
データ集
リンク集
スケジュール
製品情報
コラム
オンラインPOP
eガイド
展示会特集
情報プラス
ショッピング
ブログ
col toppage
注目コンテンツ
クリーニングオンラインでPR

広告配信について

最強のユニット論
第7回 小が大に勝つ

 小さくてもユニットショップが、大型チェーン店に勝つことができる。大型チェーン店は全体では何十店、何百店とあって、強大なパワーであることに間違いはないのだが、あなたが本当に戦うのは、その中の1店舗(1取次店)であって、いわば1対1の戦いである。それなら十分、勝算が考えられるのではないだろうか。全国には、大型店と競合状態にある小型店は数えきれないほどあり、互角に戦っている店や、完勝している店は、いたるところで見ることができる。

 お客の満足を満たすためのクリーニングの仕事は、繊細かつ複雑で、高い技術と経験が求められるものである。本質的に、オートメーション方式で大量処理するには、不向きであることはご承知のとおり。しかし大型工場では、多少の無理は承知の上で、いろいろと工夫をこらして大量処理を行っているが、お客に対して十分なサービスを提供しているかといえば、必ずしも、そうとばかりは言えないのが実情ではないだろうか。
 ある有名な経済学者が「大きくなれば複雑になり、複雑になれば衰退する」と言っているが、大型化することは、経営上数多くの危険分子を抱くことにもなって、経営を維持するのに並大抵の苦労では済まされない。小型店が競合する取次店を鋭く観察すると、必ず攻撃すべき弱点が発見されるはず。この突破口に対して、果敢な戦いを挑まなくてはならない。

 クリーニング業界では、経営の単位として、ユニットショップ方式が最も適切だと思うのだが、ユニットショップであれば何でもいいというわけではない。外観だけはユニットショップと称していても、その内容が伴っていなければいけない。
 ユニットショップに求めれらるものは、『明るさ』『清潔さ』『身軽さ』そして『単純さ』である。当初の計画のすべてに、この4つの条件が生かされていなければ無意味である。『明るさ』『清潔さ』はクリーニング業にとっての基本的条件だし、『身軽さ』『単純さ』は経営上の信条として覚えていてほしいと思う。


前頁
次頁
最強のユニット論
2000年11月から2003年6月まで、クリーニングオンラインで連載した河本実氏の『最強のユニット論』。日本のユニットショップ(パッケージプラント)の第一人者である河本氏が、ユニットショップのあるべき方向性を示し、計26回にわたる連載は大きな反響を呼びました。

このコーナーでは『最強のユニット論』第1回から26回までを項目別に再編集してお届けします。ユニットショップ(パッケージプラント)のための情報、提案、アドバイスを御社の経営、営業にお役立てください。

更新履歴 | プライバシーポリシー | フィードバック | サイトマップ

Copyright 1996-2014 Cleaning Online / c-online.net. All rights reserved.